読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

aroenoe2’s blog

思考の整理

豹変

猫かぶり、お愛想、良い上司気取り、下心?

人はみんな自分が可愛い。

そして、自分が一番正しいと思ってしまう。

落とし穴。

相手と自分が違ったら否定して自分を上げたくなる。

負けること、失敗すること、それをまた他人に表現されると腹が立つ。

相手にもよるが、その人を恨みたくなる。

その小さな恨みが、積み重なって、折になって人間関係の蜘蛛の巣に絡まり始める。

逆に誰かを心配したり気にかけたり世話を焼き始めても同じ。

信頼を勝ち取れなかった、評価をもらえなかったと恨む。

生霊がさまよい始める。

見えない空気となって重たい気玉は沈む。

むせて咳き込み体の中に入り血液に流れ込む。

同じ空気を吸っている。

その人はいい人?

何も知らないだけ。

 

 

孤独とは自分と向き合うのか他人に反発するのか。

浮いた奴になった私。

どうせ、隠したところでボロは出る。

なんか私って避けられてる。

って潔癖の考え方が自分から線を引いてしまう。

全員に嫌われる覚悟をしよう。

私の事を後ろ指立てて笑ってるやつの事はしっかり覚えておく。

優しさか、後ろめたさか、下心か?

他人は信じない。

愛がないもの。

職場環境には利害関係が絡む。

会社は組織は上司は同僚は、守ってはくれない。

だまされ過ぎ。

頑張った人から死んでいくよ。

会社は人を殺すよ。

親は耐えられないよね。

子供は学校に殺される。

自分を守らなきゃ。

守る勇気を出さなきゃ。

私は殺されない。

私は死なない。

私は浮いた奴。

私は協調性のない奴。

私はお調子者にはならない。

どうぞ私を嫌ってくれ。

突き抜けたい。

 

DVおじさんと仏頂面おじさん

他部署に回されるおじさんってどんなもんなんだろう。

組織のつじつま合わせに使われやったこともない部署移動。

仏頂面で様子をうかがってる。

どんな気持ちなんだろう。

もっぱら下仕事。

会社って残酷なことするな。

正社員の怖いところはそこかなと思う。

これに比べて短期の移動?おじさんはまだましか。

すぐ思ったことを口にするせっかち。

指示も何回も言いなおして頭の中パニックじゃないですか?

なんだよ~できないのかよ~

それ今きく~?

すぐ反応しないと、返事して!

理解してからの返事だろー

ここは軍隊か?

急かすな!あおるな!お前が動け。

慣れてないのにそれはないだろう。

後でごめんね、って。

ありえない。

許さない。

この手は関わりたくない。

コントロールしたいんだろうけど状況把握できない、自身が焦ってる。

この人忙しいのに慣れてない。

できる上司は冷静で的確指示。

後で自分をフォローなんてしてこない。

そんなあめ投げたって私には効かないから。

なめんな。

自分の失敗には笑って、私の失敗には責め立てる。

こんなスタイル死滅してほしい。

このおじさん、自分が仕事できるって思ってる。

せっかちだからしゃべりも前のめりで言葉が被ってる。

漫画の吹き出しにしたら、字が被って読めない感じ。

そんなんじゃ伝わらないよ。

早口上司は損ですな。

 

出来た人は相手の反応を気にしながら話す。

出来ないセールスマンは自分の知識をひけらかして喋り捲る。自己陶酔。

できる販売員はお客のニーズを引き出す。

できるサービスマンはお客の会話をそっと聴いている。

できるチームは目と眉毛でアイコンタクト。

飲み会は信頼できる仲間と。

 

 

 

ヤンキー社員

学生時代に制服をアレンジしたり、先生の話を気だるく聞く態度をとったり。

社会人にもこの手がいる、けっこう老舗ですよココは。

いつも口が開いてあごで歩いてる。

ヤンキーがケンカする前って感じ。

仲間内に慣れあいで、よそ者にはケンカ腰。

相手が年上だろうとお構いなし。

まさに、昭和のヤンキー。

なぜこの人が許されてるのか観察しよう。

お客への接し方もたいしたことはない。

何か気の利いたことができるのか?

人手不足の現状は良い人材より逆の者の集まりだったりする。

将来のお局格。

にっこり笑ってみろやー、あ~(`´)

そろそろ、

お世辞、よいしょ、愛想笑い。

愚痴、嫌味、怒鳴り声。

湿疹、アレルギー鼻炎、頭痛、しびれ。

飛行機雲、ぞろ目、休日。

荷物、時間、返済。

出来事の一つ一つを整理しながら捨てる。

スクラップするように集めまとめる。

俯瞰してみる、鳥になったように。

悩みはない、問題は私だから。

感情を無視すると喜びも薄らぐ。

子供みたいに大喜びしていない。

プラスとマイナスはくっついているから離れない。

負の感情だけ取り払おうとしても無だ。

負けるが勝ち。

自分の正当性を主張したって空しくなるだけ。

そういう執着って結構くだらなかったりする。

後あと、ばからしいことに感じる。

誤解を解こうと必死になることも。

些細な出来事に翻弄される。

または、ドラマのように誰かに仕組まれるか。

人はみんなそれぞれ違うと教わったが、同じ行動をする。

つまらない。

あたりまえ。

その先に、も少し見える。

 

 

 

 

消耗する人格

下の人間になぜ気を使わなければいけない?

あ、そう。

じゃ、あなたは気を使われなかったとしても構わない人。

信頼関係を結べなかったら仕事は作業になる。

一応あいさつ。

一応報告。

そんな感じ。

無駄におしゃべりなんて必要なし。

明日にはいない人間に何を期待する?

穴埋め問題のように淡々と埋める。

いつもの同じ顔にうんざり。

人間の行動には興味がわくのに人に興味がない。

相手の名前は記号に見える。

相手の言葉に嫌気がさす。

縛り上げの環境の空気の悪さ。

もう、修復不可能な恋人同士のような気分。

言ってはいけない言葉ってある。

家族でも。

刺さった言葉は一生そのまま。

私は言いたくない。

ただ悲しいから。

 

無能な人に負ける

一所懸命とか頑張るなんて昭和。

見せつけたり、評価することでもないのかも。

見えないものには個人の主観が入りそうな考え方。

不安なんだよ。

結果出せないから、期待値クリアできそうにないから。

で、カムフラージュ。

ずるいんだ、私。

責任もないし。

子供に等しい無能な人は怒られない。

可愛く、挨拶してお話しして帰ればいい。

求められ過ぎも辛いが全くないのも。

ただ、無能な人は求められずも平気。

恐れも不安もないから。

子供です。

危ないことはさせません。

泣くから怒りません。

もう一つは部外者に近い。

そのメンタルに憧れる。

自分のポジションを知っていくうちに型ができていく。

ガチガチの枠ができていく。

明日私がいなくなっても世界は変わらないのに。