aroenoe2’s blog

思考の整理

時間

一つの場所に決めることができない。

なぜなら、場所は一つに決めなくてもいいと思っているから。

とどまることが、終わりのように感じてしまう。

一つの終わりがあって、次のはじまりがあるとわかっているなら構わない。

第二章が始まる。

動けないわけでもない、動いちゃいけないわけでもないって知ってる。

なのに一つに決めないといけないと言う。

社会的成功者ではない、そういう壊れ物に憧れはない。平均的な安心じゃなく、半端ない安定感。

そういうのが自信というのかも。

信頼なんて幻想。

信用してるなんて言葉、一方的。

あなたには私の腹の内なんてわからない。

 

怖い方は終わらないということ。

永遠なんておそろしい。